これで安心! 防犯対策・防犯グッズTOP

これで安心! 防犯対策・防犯グッズ 新着情報

SECOM(セコム)とALSOK(アルソック)どっちがおすすめ?

SECOM(セコム)とALSOK(アルソック)どっちがおすすめ?

ホームセキュリティの導入を考えている方にとって、どの警備サービスを選ぶかは悩みどころです。「やはり知名度のある大手が安心」という方も多いのではないでしょうか。

大手で知名度のあるホームセキュリティといえば、

SECOM(セコム)とALSOK(アルソック)

です。

そこでSECOMとALSOKどっちがおすすめかを比較しながら見てみたいと思います。


■ セコムの基本情報

セコム・ホームセキュリティ

セコムは業界No.1のホームセキュリティ・サービスです。

契約件数、緊急発進拠点数、サービス提供年数、どれも第1位!

1981年に日本初のホームセキュリティ・システム『セコム』を開発して以来、常に業界のトップに君臨し続けています。知名度、実績、サービス全てにおいて第1級です。

セコムの大きな特徴は、「補償制度」が標準装備されている点です。

もし盗難や災害に見舞われた場合、保険金や見舞金を受け取ることができます。万一の際の経済的ダメージを軽減できるシステムが、セコムには採用されているわけです。

その分、毎月の料金が他のホームセキュリティと比べてやや割高になっています。そのため「やや高くても確実な安心が欲しい」という方におすすめと言えます。

信頼のセコム・ホームセキュリティ



■ ALSOKの基本情報

ALSOKホームセキュリティ

ALSOKは業界No.2のホームセキュリティ・サービスです。

近年はオリンピックの金メダリストを広告塔に起用し、テレビCMはじめ宣伝活動に力を入れています。そのため知名度や評判はセコムに匹敵すると言ってもいいでしょう。

ALSOKの大きな魅力は、やはり割安の料金プランです。

補償制度はセコムに劣るものの、リーズナブルな料金でホームセキュリティを導入できます。さらに初期費用が0円の『ゼロスタートプラン』というものもあります。

「安い費用でホームセキュリティを導入したい」という方におすすめです。

AKSOKホームセキュリティの詳細はこちら


■ セコムとアルソックの比較

○契約件数

・セコム・・・・・約188万7,000件
・アルソック・・・約67万7,000件

○緊急発進拠点数

・セコム・・・・・約3,000ヶ所
・アルソック・・・約2,400ヶ所

○基本サービス

・セコム・・・・・防犯、非常通報、火災感知、警備員駆けつけ
・アルソック・・・防犯、非常通報、火災感知、警備員駆けつけ

○料金(戸建て4LDKレンタル)

・セコム・・・・・月額料金:6,200円、工事代:52,000円、保証金:20,000円
・アルソック・・・月額料金:6,020円、工事代:44,000円、保証金:0円

○料金(戸建て4LDK買い取り)

・セコム・・・・・月額料金:4,500円、工事代:0円   、買取料:368,000円
・アルソック・・・月額料金:4,500円、工事代:44,000円、買取料:176,200円

○料金(マンション3LDKレンタル)

・セコム・・・・・月額料金:4,600円、工事代:30,000円、保証金:20,000円
・アルソック・・・月額料金:4,780円、工事代:32,000円、保証金:0円

○料金(マンション3LDK買い取り)

・セコム・・・・・月額料金:3,000円、工事代:0円   、買取料:165,300円
・アルソック・・・月額料金:2,900円、工事代:32,000円、買取料:108,600円

*料金はあくまで目安です。


■ SECOMとALSOKどっちがおすすめ?
セコムとALSOKどちらがおすすめ?

基本的なサービス内容は、どちらも似たり寄ったりです。

緊急発進拠点数は、セコムの方が多いです。たださほど大きな違いはないので、どちらの警備会社が自宅に近いかで決めましょう(拠点が近い方が、警備員の駆けつけが早い)。

契約件数はセコムの方が圧倒的に多いです。当然、実績や経験、ノウハウもセコムの方が勝っています。

料金は全体的にアルソックの方がお得です。

そのためどっちがおすすめかといえば・・・

「安心感や実績を求めるなら、セコム」
「低価格を求めるなら、アルソック」


と言えるかもしれません。

セコムもアルソックも無料の資料請求で、詳しいサービス内容を確かめることができます。気になる方は各社から詳しい資料を取り寄せて、比較検討して頂ければと思います。

信頼のセコム・ホームセキュリティ

ALSOKホームセキュリティ

ホームセキュリティの仕組み

ホームセキュリティの仕組み

自宅の防犯対策として最も効果的なのが、ホームセキュリティです。

ホームセキュリティとは、不審者や火災など異常を感知すると、警備会社へ自動的に通報が行き、状況に応じて警備員が来てくれるサービスです。

セコムALSOKなどが、ホームセキュリティとしては有名ですね。

ここではホームセキュリティの仕組みについて解説します。


■ 一般化するホームセキュリティ

日本のホームセキュリティは、1981年にセコムが家庭向け防犯システムを開発・販売したことが始まりです。

ドアや窓、庭に設置した防犯センサーが異常を検知すると、警報が鳴ったり、警備会社に通報が行ったりし、必要に応じて警備員が来てくれるというものです。

かつてホームセキュリティといえば、お金持ちの家の防犯設備でした。しかし近年は一般の家庭にも普及し、マンション向けのホームセキュリティも登場しています。

さらに警備会社ごとに様々なプランも設けられ、各家庭のニーズに応じたホームセキュリティ・サービスを受けられる仕組みも整ってきました。


■ 火災や見守りサービスも

ホームセキュリティといえば泥棒の侵入を防ぎ、撃退する防犯システムといったイメージが強いです。しかし近年のホームセキュリティ・サービスはそれだけではありません。

・火災(煙)やガス漏れを感知し、消防や警察に通報
・怪我や急病の際にも警備員が駆けつけ、病院に連絡
・高齢者や一人暮らしの女性、子供を見守る

といったことも行ってくれます(*)。

*警備会社やプランによって異なります。


■ 防犯システムの種類

ホームセキュリティでは様々なセンサーを設置します。

例えばドアや窓、ガレージや庭の死角、人通りの少ない裏口などにセンサーや防犯カメラを設置し、不審者や異常を検知するといった防犯対策が行われます。

防犯システムの種類としては、次のようなものがあります。

・開閉センサー・・・ドアや窓の開閉を感知すると、通報が行きます
・センサーライト・・・人や物音を感知して、自動的に照明が点きます
・空間センサー・・・体温や赤外線を感知して、侵入者を発見します
・ホームコントローラー・・・セキュリティ・システムの基本操作ができます


■ ホームセキュリティは比較して選ぶ

現在ホームセキュリティ・サービスを行っている会社は、複数存在します。また同じ会社でも様々なプランが用意されているので、自分の目的に合ったものを選んでください。

各社ともに無料で資料を取り寄せることができるので、サービスの内容、緊急発進拠点の場所、料金などを中心に、比較しながら検討するといいでしょう。

「それぞれの会社で、いちいち資料請求するのは面倒臭い」

という方は、一括資料請求のサービスがおすすめです。

例えば以下のサイトなら、一度の入力でセコムやALSOK、セントラル警備保障など、最大7社の警備会社に資料を一括で無料請求できます。

詳しい内容は、下記サイトでお確かめください。

ALSOKのホームセキュリティ
信頼のセコム・ホームセキュリティ




防犯用品・防犯グッズなら
ALSOK:綜合警備保障

・契約件数100万件を誇るALSOKのホームセキュリティ
・防犯対策以外にも緊急時の非常通知、火災感知も
・初期費用0円のゼロスタートプランなど安さが魅力


信頼のセコム・ホームセキュリティ

・契約件数No.1の実績を誇るセコム・ホームセキュリティ
・業界最多全国約2,800ヵ所の拠点から迅速に駆けつけ
・必要な場合はセコムから110番、119番通報を実施

Copyright (C) これで安心! 防犯対策・防犯グッズ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。