玄関ドアのガードプレートで防犯対策

玄関ドアのガードプレートで防犯対策

玄関ドアの防犯対策としては、耐ピッキングの錠前を取りつけたり、補助錠を取りつけてワンドア・ツーロック体制にしたりするなどの方法があります。

しかしこれでもまだ安全とは言えません。

玄関のドア破りはピッキングだけでなく、バールなどの工具を使って強引にこじ開ける乱暴な方法もあるからです。これに対抗できるのが、ガードプレートという防犯用品です。


 ガードプレートとは?


ガードプレートとは、ドアとドア枠の隙間を埋める防犯グッズです。

ドア板のカンヌキ周囲に金属プレートを取りつけるといったものです。個人で簡単に取り付けることができ、高い防犯効果を発揮してくれます。

ドアプレートと呼ぶこともあります。

ガードプレートは2,000円~4,000円ぐらいで販売しています。


 見た目の防犯効果も


ドアにガードプレートをつけていると、一目で分かります。

すると泥棒は、その時点で諦めてくれます。

泥棒は侵入しやすい家を選んで犯行に及びますので、わざわざドアにガードプレートを取りつけた家に侵入しようとは思いません。簡単に侵入できる家が他にたくさんありますからね。

というわけでドアプレートは、見た目の防犯効果もあるのです。安物のドアプレートをつけるだけでも、泥棒に「防犯対策をしてますよ」とアピールできるわけです。


 ガードプレートの選び方


ガードプレートはドアのメーカーや形式によって、様々な種類があります。ただどのメーカーのドアにも対応した万能タイプのガードプレートも売っています。

ガードプレートを選ぶポイントとしては、

・しっかりとした強度があるか
・ドアのサイズと合っているか

ドアのガードプレートは防犯グッズなので、強度が命です。あまり安物のガードプレートを購入すると、泥棒に簡単に壊されてしまう危険もあるので要注意です。

またドアのサイズに合ったガードプレートを選んでください。

販売サイトのページにガードプレートのサイズが書いてあるはずなので、事前によくチェックをして商品を選んでください。